神奈川県「津波災害警戒区域」藤沢市は指定されています。(令和3年3月22日付)

神奈川県「津波災害警戒区域」藤沢市は指定されています。(令和3年3月22日付)

海近くに住んでいる人「少しずつ津波の災害警戒区域が増えてるみたい」

そんな疑問にお答えします。

✔本記事の内容

  • 津波災害警戒区域の内容
  • 津波災害警戒区域のエリア

現時点(令和3年5月30日時点)での情報となります。

津波災害警戒区域とは

平成23年3月の東日本大震災の甚大な津波被害を教訓に、

最大クラスの津波が発生した場合でも

「何としても人命を守る」という考え方で、

ハード・ソフトの施策を柔軟に組み合わせて総動員させる

「多重防御」の発想により、

地域活性化の観点も含めた総合的な地域づくりの中で

津波防災を推進することを目的として、

平成23年12月に「津波防災地域づくりに関する法律」

(平成23年法律第123号)が成立しました。

この法律が、神奈川県が県内の『津波浸水想定』を設定し、

『津波災害警戒区域』を指定する根拠となります。

津波災害警戒区域は、

平成27年に神奈川県が公表した津波浸水想定と

同じ区域となりますが、従来の「浸水深」に加えて、

新たに「基準水位」という浸水深に建築物等への衝突による

津波のせり上がり高を加味した0.1m単位のデータが

県から公表されます。

津波災害警戒区域の指定市町村について

令和元年12月に神奈川県で初めて小田原市、真鶴町及び湯河原町が

指定されました。

続いて、令和3年3月22日藤沢市が指定されました。

県内の5市町において、津波災害警戒区域を指定しました。

 市 町 名指定年月日
01川崎市未指定
02横浜市未指定
03横須賀市未指定
04三浦市未指定
05三浦郡葉山町未指定
06逗子市未指定
07鎌倉市未指定
08藤沢市令和3年3月22日
09茅ヶ崎市未指定
10平塚市未指定
11中郡大磯町未指定
12中郡二宮町令和3年3月22日
13小田原市令和元年12月24日
14足柄下郡真鶴町令和元年12月24日
15足柄下郡湯河原町令和元年12月24日

藤沢市の指定区域

藤沢市(2分割の1)

津波災害警戒区域 位置図(PDF:3,565KB)

藤沢市(2分割の2)

津波災害警戒区域 位置図(PDF:3,036KB)

*現時点では位置図へ飛ぶようにしておりますが、市役所のHPが

 変更となった場合は、ご了承ください。

*詳しくは、市町村のHPや直接ご確認ください。

まとめ

警戒区域に指定されると

〇「基準水位」が公表され、

 浸水深+建築物等の衝突によるせき上げ高がわかり、

 避難場所の高さが明確化されます。

〇警戒区域内に立地し、「藤沢市地域防災計画」に定められた、

 病院、学校、幼稚園、高齢者施設や福祉施設などの

 要配慮者利用施設は、避難確保計画の作成及び訓練が

 義務となります。

〇警戒区域内に位置する建物等を取引の対象とする場合には、

 宅地建物取引業法に基づく重要事項説明が必要となります。

開発規制土地利用規制は、生じません。

いつ発生するかわからない災害ですが、

今回ご紹介させて頂きました情報等を耳にしながら、

いざという時に、対応できるよう日々気を付けていきましょう。

本日のおすすめ書籍


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA