土砂災害の基準が厳しくなった?「特別警戒区域(レッドゾーン)」

土砂災害の基準が厳しくなった?「特別警戒区域(レッドゾーン)」

災害が怖い人「最近、土砂災害の厳しい基準が発表されたって、聞きました」

こんな疑問にお答えします。

✔本記事の内容

  • 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)について

海は津波が・・・山は土砂が・・・

日本に住んでいる限り災害はつきものですね。

本日は、その中でも土砂災害について深堀したいと思います。

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)について

土砂災害について、皆様は土砂災害警戒区域(イエローゾーン)土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)がある事をご存じでしょうか。

土砂災害警戒区域(イエローゾーン)とは

危険の周知、警戒避難体制の整備が行われ、市町村地域防災計画の記載要配慮者のための警戒避難体制の整備土砂災害ハザードマップによる周知の徹底宅地建物取引における重要事項の説明義務などです。

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)とは

特定の開発行為に対する都道府県知事の許可が必要になる事建築物の構造の規制建築物の移転等の勧告及び支援そ置宅地建物取引における重要事項の説明義務などです。

詳しくは調べたい土地があられる関連諸官庁へご確認頂ければと思います。

まとめ

イエローゾーンは警戒の周知といった位置づけに対して、レッドゾーンは建築する建物の構造規制等、しばりが出てきます。

上記のように、イエローとレッドでは、かなり内容が異なります。

土地活用や建物を建築される方は、ご自身の土地がどのような状況にあたるのか、一度お調べになられることをおすすめ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA