土地を契約をした後、地震が起きて、土地が崩れた!引渡しはどうなる?

土地を契約をした後、地震が起きて、土地が崩れた!引渡しはどうなる?

地震で契約した土地が損傷した人「大きなローンを組んだのに、引渡し前に土地にひびが・・・」「契約してから引渡し前に起こった事ってどうなるの?」

そんなお悩みにお答えします。

✔本記事の内容

  • 契約~引渡しまでに起こった土地の滅失や損傷はどうなるの?

不動産・建築業界に約24年。

その実績から、お悩みをお答えします。

土地の引渡し前に起きた、滅失や損傷について

皆様、こんにちは。

昨日(R3年9月16日)起きた、石川県の

震度5弱の地震、皆様・皆様のお知り

合いは大丈夫でしたでしょうか。

日本は島国なので地震は多いと分かって

いても、心配はぬぐえないですよね。

本日はテーマにもありますように、

土地を買ったのに、引き渡し前に地震等

で土地にひびが入ったり、極端な話、

無くなってしまった場合どうなるのかに

ついてお話させて頂きます。

結論からお話させていただきますと、

契約の解除や土地の修補など、

買主の目的が達成できない場合は、

何らかの保全がされています。

詳しくは、以下のご参照下さい。

まず、土地を買う際、契約を交わされる

と思います。

その際、契約書内に出てくる文章の例を

ご紹介させて頂きます。

(例)

(引渡し前の滅失・損傷)

 本物件の引渡し前に、天災地変その他

  売主又は買主のいずれの責めにも帰す

  ことのできない事由によって、本物件が

  滅失し売主がこれを引渡すことができ

  なくなったときは、買主は売買代金の

  支払いを拒むことができ、売主又は買主

  はこの契約を解除することができる。

 本物件の引渡し前に、前項の事由によって

  本物件が損傷したときは、売主は、本物件

  を修補して買主に引渡すものとする。

  この場合、売主の誠実な修復行為によって

  引渡しが標記の期日を超えても、買主は、

  売主に対し、その引渡し延期について

  異議を述べることは できない。

 売主は、前項の修補が著しく困難なとき、

  又は過大な費用を要するときは、この

  契約を解除することができるものとし、

  買主は、本物件の損傷により契約の目的

  が達せられないときは、この契約を解除

  することができる。

 第1項又は前項によってこの契約が解除

  された場合、売主は、受領済の金員を

  無利息で遅滞なく買主に返還しなければ

  ならない。

と、契約書のフォーマットは不動産会社さん

によって異なるのですが、多少文章は違えど、

意味合いは上記のようになります。

もし、今回のケースのような事が起きてしま

った場合は、まず、慌てず、購入した際に

担当してくれた不動産業者さんにご相談下

さい。

まとめ

不動産取引にはいろいろな心配要素があるか

と思います。

今回は一例にすぎません。

次回以降も分野をクローズアップしてご案内

出来れば幸いです。

それでは、今回の内容が皆様にとって、

何かのお役に立てられれば幸いです。

本日のおすすめ書籍


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA