「災害警戒情報メール」×「情報ツール」

「災害警戒情報メール」×「情報ツール」

ニュース「神奈川県で土砂災害警戒情報のメール配信地域を拡大しました」

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

本日も、建築・住宅業界に25年の経験と

ノウハウから、お話させて頂きます。

・・・

いや、ニュースです。

本記事の内容

  • 土砂災害警戒情報のメール配信地域を拡大
  • 土砂災害警戒区域について

神奈川県では、2022年3月23日、緊急速報

メールを活用した土砂災害警戒情報の配信

地域に横須賀・鎌倉・平塚・秦野・座間・

綾瀬の各市を追加し、運用を始めたようです。

これにより、同情報がスマートフォンなどに

自動的に通知される地域は28市町村に拡大

したとの事です。

皆様、ご存じでしたでしょうか?

地震の時に来る連絡と同じものですかね?

調べてみると・・・

地震速報と同じでした!

筆者はまだ受信したことはありませんが、

こういったお知らせは助かりますね。

無いことが一番ですが・・・

因みに、ご自身の災害状況を事前に

調べられたい方は・・・

神奈川県土砂災害警戒情報システム

土砂災害警戒区域等をお調べください!

念のため、UPしておきます。

https://dosyasaigai.pref.kanagawa.jp/php/map.php?mapmode=kuiki

(URLの変更等がありましたら、ご自身で

ご確認の程、宜しくお願い致します。)

普段仕事で伺う鎌倉は、土砂警戒地域が

多いですね・・・

因みに、土砂災害警戒区域はイエローゾーンと

レッドゾーンがあります。

レッドゾーンは建築をする際、制限を受けます

ご注意下さい!

ざっくりまとめた記事は・・・

今、読み返してみますと、もう少し詳細が必要

ですね。

またの機会に、リライトしてみます!

日本は地震大国です。

今も起きていますが、準備できる事から

皆さんやっていきましょう!

地域の避難場所をご存じですか?

家族とはぐれたら、どこで会いますか?

電気が止まったら・・・

ガスが止まったら・・・

防災士が監修した防災グッズ見つけましたので

合わせてUPしておきます。


では、

長くなりましたが、本日はこのくらいで・・

また、気になる事・体験した事をご報告させて

頂きます。

それでは、本日の内容が、皆様の何かに

役立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA